SCROLL

安全表彰して頂きました!

こんにちは!

久しぶりに投稿します、施工管理Yです。

先日、現場管理をしている当社の社員が現場で安全表彰して頂きました。

1年以上と長丁場の現場で元請様より“安全衛生管理の重要性を深く認識し災害防止に積極的に取り組んでいる”と評価して頂き表彰されました。

本人の励みにもなりますし私もとっても嬉しく思っています。

今後も安全第一で仕事を進めます!

施工管理 Y

B級グルメ大好き

こんにちは!施工管理Yです。

今日は私のB級グルメ好きを紹介します、なんじゃそれと思われるかもしれませんが、お付き合いください。

私基本的にB級好きなんです、特にラーメン!

外で何か食べようと思ったら真っ先に思い浮かべるのがラーメンです笑笑

今日は私の大好きなラーメン屋さんをご紹介しますね。

この2枚の写真は小牧と春日井にある丸八っていうラーメン屋さんの限定ラーメンとまぜ麵です。

こちらは小牧の縁屋というラーメン屋さんのニンニクごろごろラーメンです!

全部大好物なんですけど、他人の迷惑を考えるとニンニクごろごろラーメンは食べる日を選びますね笑笑笑

皆さんも機会があったら是非ご賞味下さいね!

施工管理 Y

テント倉庫建てました!

皆さんこんにちは、施工管理 Yです。

今日は先日建てたテント倉庫をご紹介します。

上の写真のようにトラス構造の柱梁を組み立ててから、下の写真のようにテントをかぶせます。

この位の大きさのテント倉庫なら組立は1日で終わりますよ。

事前に基礎を造らないといけませんけどね。

テント倉庫をお考えの方もぜひ(株)共進建設にご連絡くださいね。

ちなみに、基本的には建築確認申請が必要になります。

施工管理 Y

コンクリートを温める?

このところ寒い日が続いていますね!

我々も寒い時はファンヒーターやエアコンで部屋を暖めますが、真冬に打設したコンクリートも一定の基準に基づいて、凍らないように温めたりします。

先日、某公共工事の現場でコンクリートを打設した時に行った給熱養生では練炭を使用しましたのでご紹介します。

この画像の銀色の筒のような物が練炭を入れる養生用のコンロです。

手前にある練炭を上下に2個重ねて入れて着火します、長時間持たせるように2段入るようになってるんですよ。

今回は狭い空間だったので、シートで囲った中に5個設置しました、翌朝外気温は0度以下でしたが、シートの中は8度と非常に効果を発揮しましたよ。

これが火のついた状態です。

今は練炭を使う機会はほとんど無いと思いますが、こんなところでも活躍していいますよ!

施工管理 Y

住宅新築工事

今日は名古屋支店でお客様と新築木造住宅の打合せを行いました。

現在基礎工事が完了して新年早々建て前(棟上げ)の予定です。

とっても決断の早い方なので私どもとしてはとっても助かります、今日の打合せで一部の仕上材を残して決めなければいけない事がほぼ決まったので、完成に向けてこれから頑張らないといけません!

写真に写っているのはお客様と当社名古屋支店の支店長です。

私は端っこで眼鏡だけ写ってます(笑)

お客様より工事の状況もブログに上げて良いと言って頂きましたので、今後現場の状況もここでご紹介するかもしれません。

お楽しみに!

施工管理 Y

土間コンクリート

今日は土間コンクリート打ち替えた現場のお話です。

お客様より“資材置き場のアスファルトがフォークリフトのタイヤで割れているので何とかしてほしい”とお声がけ頂きました。

現地を確認すると、重いフォークリフトのタイヤでハンドルを切るところのアスファルトが亀甲状に割れてへこんでおり、ヒドイ場所は鉄板を敷いておられました。

アスファルトは小さなタイヤでグリグリするとこうなることがあるので、コンクリートで打ち替えることをご提案し実施しました。

この写真はコンクリートを打設した翌日に散水養生しているところなので濡れていますが、これで簡単には割れなくなったと思いますよ。

皆さんも建物や外構等でお困りの事がありましたら、ぜひ共進建設にご連絡くださいね!

コンクリート

施工管理Yです。

今日も硬いコンクリートの話なので面白くないかもしれません(笑)

皆さんも街中で生コン車を使ってコンクリートを打設している現場を見た事があると思います。

単純に言えば、ドロドロしたコンクリートを型枠の中に流し込んで固めると建物や橋の原型が出来上がります。

そのコンクリートも、現場では厳しい品質管理の元施工されています。

生コンクリートが現場に到着すると、各種試験をして品質に問題がないか調べてから打設しているんですよ。

この写真に写っている各種機器を使って、コンクリートの軟らかさ、コンクリートに含まれる空気量、コンクリートに含まれる塩化物量などを調べ、基準に適合しているかどうかを確認してから打設しています。

左下に写っている金属の筒は、その日に打設するコンクリートを採取して、後日圧縮試験機で設計通りの強度が出ているかを確認するんですよ。

このように、コンクリート1つを取ってもきちんとした管理が行われていると言うお話でした。

高速道路の補修

土木部?の施工管理Yです(笑)

今日は高速道路の橋の補修工事についてご紹介します。

橋の補修工事と言っても色々ありますが、橋を通行止めにせずに施工する場合は橋を仮に持ち上げて施工する事もあるんです。

これは30センチ角程度の大きさのジャッキですが、これ一つで100トン位持ち上げられます。

このジャッキをいくつか並べて、手動のポンプでキコキコやって橋を持ち上げます。

持ち上げるといっても3ミリ位で、車で橋を通行してもまったく気付きませんけどね。

皆さんも知らないうちに持ち上げられた橋の上を走っているかもしれませんね!

現場のトイレ事情!

最近、建築・土木業界にもずいぶん女性が増えましたね。

以前から設計、デザイン、コーディネーター、運送関係などで女性の姿を見かける事はありましたが、最近は現場管理(現場監督)や職人さんとして現場にかかわる女性の姿を見かけるようになりました。

そこで問題になるのが現場のトイレ事情です。

現場のトイレと言えば、汲み取り式で臭い汚いというイメージが強いと思いますが、女性の進出に合わせて女性用トイレを設置している現場も増えているんですよ。

現場の仮設トイレなのでまだまだって感じですけど、扉の外側におっさんが入れないように鍵がついています(笑)

現場を見直して今後はもっともっと女性が働きやすい環境を作っていきたいですね。

施工管理Y

早く固まるコンクリート?

皆さんお久しぶりです、施工管理Yです。

今日も土木ネタです!笑

皆さんよく生コン車(アジテータートラック、ミキサー車)は見ると思いますが、今日は特殊な車両をご紹介します。

土木工事では超速硬コンクリートなる物を使います、3時間程度で指定された強度が出るので、橋などを直してもその日の内に開放して車を通すことができるんですよ。

普通のコンクリートはプラントで作ったコンクリートを生コン車に積んで現場まで運びますが、超速硬コンクリートは練り混ぜたらあっという間に固まるので、生コン車で運ぶことができません。

現場に着いた頃には生コンクリートじゃなく、固まったコンクリートになっちゃいますからね!

そこで今日ご紹介する車両の登場です!

この車は超速硬コンクリートの材料と水などを積んで現場に来て、現場で超速硬コンクリートを作っちゃう車なんです、言わば走るコンクリートプラントです。

道路や橋の補修工事現場では、このような車両などを使用して極力一般車両の通行を妨げないように工事しています。

皆さん交通規制箇所を通るとイライラしたりすると思いますが、我々も努力していますのでご理解くださーい!

CONTACT
お問い合わせ

工事に関するお問い合わせや求人に関するお問い合わせはこちらからどうぞ